借金問題 弁護士 費用

借金問題の解決方法を見つけてくれる弁護士の無料相談

>>【実名不要】借金解決のための無料シュミレーターを試す

 

借金問題

借金問題で悩んだら、迷わずに無料相談ができる弁護士事務所に電話をし、その借金をどう解決したらいいかを相談するのが大切です。悩んでいても毎月の利子も膨らみ、ますます払い難くなっていきますよね。お金がないから借金をしたのですから、やはりこういった借金問題は多くの借金問題を解決した弁護士に相談するのが1番です。

 

法律にも詳しく、社会的にも無理なく復帰できる借金問題の解決の糸口をしっかりと見つけてくれる弁護士なら、難しい借金問題もスムーズに解決することができます。弁護士の無料相談が難しいと初めての人は思うかもしれませんが、電話をするのはとても簡単です。通話料が無料の電話番号にかけるだけです。弁護士は悩みを抱える人の味方ですから、どんな難しい借金問題も親身になって相談にのってくれます。その電話の受け付けもソフトな会話ができる女性スタッフの無料相談できる事務所もあります。

 

中にはこの借金問題について匿名や住所を伝えなくてもで相談できる弁護士もいます。そんな弁護士に相談も夜の19時や20時まで対応している弁護士もいますから、仕事が終わってからでも気軽に電話ができるのが便利なところです。24時間、365日、休みなく全国対応で相談できる弁護士事務所もあります。

 

そんな弁護士は、借金問題なら「任意整理」「債務整理」という方法で借金を解決する方法を提案してくれることがあります。今ある借金の額を半分に減らせたり、中には0円になった事例もあります。その人の借金の減額できる額はどの程度か調べ、その人に合った借金の解決方法を素早く考えてはスピーディーにその借金問題を解決する方法を見つけてくれます。その弁護士費用も最大1年も分割ができるのも魅力的です。

 

早く相談すれば返還される額も増え、よりスピーディーに借金の負担を減らすことができます。弁護士に早く相談して受任されれば、素早く借金の督促も止めることができるのが嬉しいところです。過払い請求についてや自己破産などの相談にものりますし、相談したのも秘密厳守な弁護士事務所もあります。

 

その人が納得するまで交渉もしてくれますし、自己破産せずに借金問題を解決するのも、さすが借金問題に詳しい専門家の弁護士の腕の見せどころです。

 

男性弁護士もまったく電話もソフトに対応してくれますし、会うとより精神的にもホッとする素敵な弁護士ばかりです。早く借金問題から抜け出すためにも、今すぐに無料相談に電話をした方が気が楽になりますよ。

 

 

 

あと少しでリセット!?知っておきたい時効の中断

 

まず、1つめの質問については、時効の概要について知っていくと理解する事ができます。

 

日本の法律は、犯罪などを罰する刑法以外にも時効制度を認めている法律です。当然、借金の場合も消滅時効は存在するのですが、消費者金融で借りたお金は原則として5年で時効が援用を認めています。つまり、5年以上前に消費者金融などの業者から借りたお金はもう返済する義務がないわけですから、お金を借りている人にとっては非常に有り難い制度だと言えるでしょう。

 

ですが、残念ながらこの時効制度はどのようなケースでも5年で時効が成立するわけではありません。いくつか存在する一定のルールに該当してしまった場合は、時効の中断が発生してしまいます。なお、1つ注意しておきたいポイントが、ここで言う時効の中断は法律用語であるという点です。通常の中断という単語の意味とは若干異なり、中断事由が発生してしまいますとその後の計算は全てリセットされてしまうという意味である事を覚えておきましょう。

 

従って、時効の中断が発生するとたとえ4年ほど経過していたとしても、改めて5年間ほど待たなくてはならない計算となります。あと少しで時効成立なんて時に時効が中断してしまったら、目も当てられない損失となりますから注意が必要です。

 

2つ目の質問に関しては多少複雑な回答となります。手紙や督促は消費者金融の支払請求にありがちな方法ですから、これで時効が中断するか否かは非常に気になるポイントだと思います。

 

結論から述べますと、手紙や督促状に関しての請求行為はその時点では時効が中断されてしまいます。ですが、この中断には条件が付されており、その後半年以内に裁判所に訴え出る等の行為が行われなければ時効の中断は無かった事になるのです。

 

何故この様な複雑なルールとなってしまうのでしょうか。それは、時効中断の条件についてより詳しく知っていくと理解する事が可能です。

 

まず、時効中断の条件として日本の法律は、請求(請求に伴う差し押さえ)、承認、そして催告の3つを想定しています。前者二つは無条件で時効が中断してしまいますが、最後の催告にだけは条件付の中断と規定されています。

 

次に考えたい点が、手紙や督促が一体どの項目に該当するかという問題です。手紙や督促の目的は借金の請求ですから、多くの方が請求に該当する行為だと思われるのではないでしょうか。

 

ところが、この請求行為については、その多くが裁判上の請求に限られている点に注意が必要です。つまり、裁判所に債務不履行の訴え等をした場合やその後の差し押さえ等が発生した事例を請求と解釈する事になるわけです。一般的な手紙や督促は裁判の請求とは関係がありませんから、時効中断の請求行為とまでは行かないのです。

 

では、手紙や督促は一体どの分類に該当するのでしょうか。答えは最後の催告となります。催告は時効中断効果を有しているにはいるのですが、催告後半年以内に裁判の請求行為を行わない限り、時効の中断は無かったものとして扱われますから、手紙を受取っただけで永続的に中断されてしまうという話にはなりません。

 

 

債務整理をやったことは、会社に黙っておきたい

 

職場に連絡されることはございませんので、見つかることはないでしょう。とはいえ、官報に掲載されてしまう場合もあり得ますので、見ている方がいたら、気付かれる可能性もあります。

 

交渉を通して合意成立した後に、いくらお金が必要だと感じたからといって、消費者金融などでキャッシングを申し込んだとしても、審査される際にNGが出されます。一度でも信用情報機関のブラックリストに載った場合、記載が抹消されるまでには5〜10年は必要になるため、その時間を待てばキャッシングが可能です。

 

生活保護費を貰ってる人が債務整理をやることは出来なくはないですが、利用の方法については限られている場合が多いようです。
そもそも弁護士の方も依頼を引き受けない可能性がありますので、実際に利用できるのかどうかを冷静に判断した上で、依頼なさってください。

 

任意整理とは、債権者と債務者が話し合いをすることで、金利の引き下げや元金だけの返済で可能なように依頼するという公の機関である裁判所を通すことなく借金額を減らす方法です。

 

ほとんどのケースでは弁護士や司法書士が債務者の代わりとして話し合いをして、毎月の支払額を減少させることで、完済できる未来がみえます。

 

債務整理に必要となるお金は、やり方に次第でとても違ってきます。任意整理の場合であれば、各社それぞれを安い料金で利用できる手段もありますが、自己破産のケースのように、かなり高い料金を必要とすることもあります。

 

自ら出費を確かめることも重要な事です。債務整理をしたとしても生命保険を解約する必要がない場合があるのです。任意整理をしたとしても生命保険をやめる必要はありません。注意する必要があるのは自己破産の時です。
自己破産になった場合には裁判所から生命保険を解約するように命令される場合があります。

 

借金が膨大すぎて、どうしようもなくなった時は弁護士や司法書士に助けてもらいましょう。

 

 

 

これ以上は払えないという場合は自己破産という措置をうけることができます。数年間は海外旅行ができなくなるなどの制限をつけられますが、借金はチャラになります。個人再生という方法を選ぶためには、安定した収入などのある程度の条件が必要となります。自己破産というのは、借金を返すのがもう確実にできないということを裁判所から理解してもらい、法律により、借金を取り消してもらえる仕組みです。

 

生きていくのに、必要最低限の財産以外は、何もかも失うことになります。
日本の国民であるならば、誰でも、自己破産をすることが可能です。

 

 

返済困難の事実をキャッシング会社に伝える

 

生活に困窮してしまい要介護者である両親の食費代にも苦労していたころがあり、レイクのキャッシングをしばしば利用していました。少しずつ借り入れた結果、借金は24万円に膨らんだときにトラブルが起こったのです。

 

父を介護用ベッドから下ろす際に、私は左手の親指に力を入れすぎてしまい骨にヒビを入れてしまいました。あまりの激痛で介護がおぼつかないだけではなく、パートとして雇用していただいている書店の業務も満足にこなせそうにありません。何よりも困ったのが、収入が途絶えることによって借金の返済が滞ってしまうことでした。

 

そのトラブルが発生した初月から返済が苦しくなってしまい、夜逃げの3文字が頭をよぎったことさえあります。悩みあぐねた挙句、私は現状をレイクに伝える決心をしました。オペレーターの淡々とした口調に根拠の無い恐怖を感じながらも、自身の体の状態や返済困難である現状をもれなく伝えたのです。結果として、毎月の返済額を2万円から5千円ほど少なくしていただけることになりました。

 

それでも返済に頭を悩ませることには変わりはありませんでしたが、私が1日1食で乗り切れば何とかなりそうである状況に好転することになります。それから3週間すると指の骨が完治したので、毎月2万円ずつ返済できるようになりました

 

 

返済不可能なほどの借金があるとき

 

借金が増えることにより、もう自分の力での返済は難しい場合に、債務整理が行われます。

 

返済不可能なほどの借金がある人は弁護士事務所や司法書士事務所に行きましょう。すると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官が相談します。月々、いくらなら返せるかなどを検討し、それからの月々の返済額が算出されます。借りたお金が多すぎて、にっちもさっちもいかない時は弁護士や司法書士に助けを求めましょう。

 

これ以上の返済は不可能だという場合は自己破産という措置をうけることができます。数年間は海外に出国できなくなるなどの制限をつけられますが、借りているお金がなくなります。

 

個人再生という方法を選ぶためには、安定した収入が持っていることなどのある程度の条件があります。銀行に借金をしている場合は、借金を整理しようとするとその口座での全取引が行えなくなることがあります。だから、前もってお金をおろしておいた方がいいです。銀行は自分が損をしないように、口座を凍結してその預金をロックしてしまいます。口座が凍結されるのはひどいことだという印象を受けるかもしれませんが、銀行サイドからすれば、反論を受け付ける必要はないことです。

 

借金が多くなってしまって任意整理を行うことになった場合、その後、また借り入れをしようとしたり、クレジットカードを作成しようとしても、情報が信用機関に残ってしまうため、審査に通過することが出来ず、数年程度はそのようなことをできないということになるのです。借金をすることが癖になった方には、すごく厳しい生活となるでしょう。

 

幾つかの金融機関からの借り入れや複数のカードで借入をしていると月々に返済する金額が大きくなって経済的な負荷になってしまう場合に債務整理をすることで、負債を全てまとめて一本にすることで月々に返済しているお金をすごく減少することができるという大幅なメリットがあるでしょう。個人再生を行おうとしても、不認可となる場合があったりします。個人再生をするにあたり、返済計画案を提出しなければなりませんが、これが裁判所で通らないと認めてもらえません。

 

もちろん、認めてもらえないと、個人再生を行うのは無理です。債務整理をした場合、結婚をする際に影響があるのではないかと思っている方がいますが、債務整理をしないで、大きな額の借金があるほうが問題です。債務整理をしたために結婚に及ぼすデメリットとして考えられるのは、マイホームを建てたい場合、債務整理後、7年間は住宅ローンが組めない事でしょう。

 

7年以上間をあければ月賦が組めるようになります。任意整理を依頼する費用の相場っていくら位なのだろうと考えてインターネットを使って調査した事があります。私にはかなりの借入があって任意整理をしたかったからです。任意整理に要する費用には幅があって、相談するところによってそれぞれだという事がわかりました。